超低ボラを耐える|ループイフダン&マネパnano週報:171105

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

ループイフダンマネーパートナーズ連続予約注文による運用比較週刊レポートは43週目です。

データからおとなしすぎる相場であることがはっきり分かる

豪ドル円のループイフダンマネパ連続予約注文を運用している方なら痛感されているはずですが、とにかく今年は動かない相場が続いています。『ドル、豪ドル、ポンド、ユーロの長期ボラティリティと年足チャート』に、各通貨ペアの2008年からの年間高低差や1日の平均変動幅をまとめています。

こちらを見比べると、2017年ここまでの年間高低差は8.81円、1日の平均変動幅は0.72円で、2008年以降でもっともおとなしい相場となっています。上下の変動幅から利益を生むのがリピート系自動売買ですから、この相場では稼げないのはしかたないですね。

トレードの世界では、どうしても勝ったり負けたりが繰り返されます。これはどんなに上手な人、優れた手法であっても同じです。うまくいっているときはいいのですが、うまくいっていないときにあわてないことも、長く安定したトレードを続けるためには必要なことです。

今回の例でいえば、ループイフダン連続予約注文トラリピなど、リピート系の運用をしているのに全然儲けが少ないことに焦り、値幅を狭くしたり、ロット数を上げたりすることは、典型的な悪手です。なぜなら、データから今年の相場が儲からないことはしかたないと判断できるから。

こういう相場はたしかに面白みはないですが、ここで変にジタバタしないことが、10%の勝ち組と、90%の負け組を分けるひとつの基準であると思っています。想定レンジに価格があるうちは、計画通りの運用を続けます。

アイネット証券ループイフダン取引履歴と運用結果

マネーパートナーズ、パートナーズFXnano連続予約注文取引履歴と運用結果

ループイフダン連続予約注文の年利比較

【関連記事】
ループイフダンと連続予約注文(マネパ)完全比較 ⇒ ループイフダン連続予約注文の性能を比較しています
マネーパートナーズの連続予約注文でトラリピ型自動売買 ⇒ 連続予約注文の特徴やスペックを解説しています
マネパ連続予約注文の設定方法を画像付きで解説! ⇒ 連続予約注文の始め方です
ループイフダンの豪ドル円買いB80を選んだ理由 ⇒ 豪ドル円の買いで68~88円のレンジを狙う理由です

外為オンライン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*