ループイフダン|約定スルー多発もそれなりに利益が出た相場

2016年7月19日

先週の『ループイフダン|発注時間経過によりシグナルを見送りとは?』では、いわゆる約定スルーについて書きましたが、今週はそれが3回も発生しました。上昇だったこともあり、そこまで強烈な値動きじゃなかったと思うんですが…。




大きな上昇で口座全体が初めてプラス収支に

160711-2

2016/07/11〜2016/07/15のトレード結果

2016/07/11の開始資金¥3,111,657
2016/07/11〜2016/07/15の新規建て6回
2016/07/11〜2016/07/15の利食い7回
現在の保有ポジション数6
2016/07/11〜2016/07/15の確定利益¥25,216
2016/07/11〜2016/07/15の確定スワップ¥570
現在の口座資産¥3,137,443
現在の含み損益¥-71,432
暫定資産¥3,066,011
ここまでの年利7.65%
取引開始時のLCライン51.75円
現在のLCライン50.42円

先週の相場は英国EU離脱でつけた安値から反転上昇していく相場。利益確定とポジション確保がどちらもたくさん発生し、新規6回、利食い7回という好成績になりました。

この運用は買い戦略なので、押し目をあまりつけずに大きく上昇すると利食いが増えて含み損も小さくなります。先週がまさにそういう展開だったため、この運用で初めて暫定資産がプラスになり、それにともなってここまでの年利もプラス運用になりました。このあと下落が一度くればまたすぐにマイナスに転じると思いますが、悪い気分ではありませんね。

買い注文が多すぎた理由

ですが、先週の相場は週足で見ると大陽線(ヒゲが短く、実体が長い陽線)で、あまり押し目が入っていません。こういう一直線に動く相場の場合、そんなにたくさん売買は行われないのです。同じ期間、同じ設定のトラリピデモでは新規1回、サイクル注文では新規3回なので、ループイフダンは明らかに多すぎますが、これは6月24日の暴落で買えなかった77.6円~80.8円の買い注文が、このタイミングでようやくヒットしていることが原因でしょう。

ただし、7月12日に2回発生しているシグナルの見送りは、どちらも78.4円を買えなかったもので、その後78.2円を大きく超えているので、完全な取りこぼしになっています。

【参考】
ループイフダン|英国EU離脱の大暴落で過去最高益が出た理由
英国EU離脱で再確認したループイフダンの貧弱な約定力

(2016.7.19 修正)

この運用の基本情報

運用システムループ・イフダンB80_80
通貨ペア豪ドル/円
売買の方向買い
値幅80pips
取引単位4,000通貨
トレール不可
開始日2016/04/04
経過日数105日
開始資金¥3,000,000
想定レンジ68~88円

▼この運用にいたった理由

ループイフダンの豪ドル/円買い80_80を選んだ理由

この記事のやり方を試してみる!

ループイフダン(アイネット証券)

シストレi-NET

連続予約注文(マネーパートナーズ)

外国為替証拠金取引のマネーパートナーズ

iサイクル注文(外為オンライン)

外国為替証拠金取引の外為オンライン口座開設申込

トラリピ(マネースクエア)

マネースクエア

新着記事

反転下げでトレードなし|豪ドル円 ループイフダン&マネパnano週報:190422

ループイフダンとマネーパートナーズの連続予約注文による運用比較週刊レポートの11 ...

レンジブレイクで一気に上昇|豪ドル円 ループイフダン&マネパnano週報:190415

ループイフダンとマネーパートナーズの連続予約注文による運用比較週刊レポートの11 ...

ドル円売り、ユーロドル買いのループイフダン値幅検証(19/03)

ドル円の売り、ユーロドル買いのループイフダンデモ比較の17か月目です。スワップポ ...

豪ドル円、ドル円、ポンド円などのループイフダンを値幅で比較、検証(19年3月)

ループイフダンで選択できる5種類の通貨ペアについて、値幅が狭い設定と広い設定を同 ...

そろそろレンジ上限でいったんの下落か|豪ドル円 ループイフダン&マネパnano週報:190408

ループイフダンとマネーパートナーズの連続予約注文による運用比較週刊レポートの11 ...