FXの利益に影響大なボラティリティを考察してみる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

FXのトレードに取り組んでいると、ボラティリティ(volatility)という単語を頻繁に耳にすると思います。こちらの記事では、ボラティリティについて考察していきます。

ボラティリティとは値動きの大きさのこと

ボラティリティとは値動きの大きさのことです。ボラティリティが大きい=よく動く、ボラティリティが小さい=あまり動かない、というような使い方をよくされています。

ボラティリティがなければ稼げないので非常に重要

FXは価格変動により利益を出すわけですから、ある程度以上ボラティリティがないと儲かりません。

裁量トレードでは、大きすぎるボラティリティは敬遠される傾向がありますが、リピート系の連続発注では価格が想定レンジ内にある限り、ボラティリティが大きいほど利益が増えます。このあたりのメカニズムは『リピート系連続発注の大好物、パニック相場攻略』でも解説しています。

通貨ペアによってボラティリティはかなり違う

1日の平均変動幅 1日の平均変動率
ドル円 0.96円 0.96%
豪ドル円 1.26円 1.50%
ユーロ円 1.5円 1.17%
ポンド円 1.98円 1.25%
NZドル円 1.1円 1.55%
カナダドル円 1.2円 1.35%

マネースクウェア・ジャパン提供のヒストリカルデータより 2007年4月2日~2017年2月17日)

1日の平均変動幅について

一般的なイメージ通り、ドル円の変動はおとなしめで、上記の6通貨ペアの中では変動幅が一番小さいです。逆に、「殺人通貨ペア」の異名を取るポンド円は、さすがの変動幅で1日平均で約2円動いています。

1日の平均変動率について

ここでは、価格に対しての変動幅の割合を変動率と呼びます。ポンド円が160円のときの変動幅1.6円(160pips)と、豪ドル円が80円のときの0.8円(80pips)は同じ1%の変動率となります。

なぜ変動率の方が重要なのか

私は単純にいくら値動きしたか(変動幅)より、元の価格に対してどれくらい値動きしたか(変動率)を重視していますが、それは通貨ペアごとに証拠金の違いがあるからです。

上記の期間の平均価格を見てみましょう。始値の平均価格は、

  • ポンド円:160.35円
  • 豪ドル円:86.66円

となります。ポンド円は豪ドル円のおよそ倍の値動きをしています。

それぞれの平均価格で、資金10万円、レバレッジ25倍の条件で、平均変動価格の頭から尻尾、つまり1日のトレンドの動きを丸ごと獲得したとします。

  • ポンド円:1.55枚で+198pips=+30,690円
  • 豪ドル円:2.88枚で+126pips=+36,288円

このように、レバレッジを揃える=リスクを同一にすると、豪ドル円の方が利益は多くなります。異なる通貨ペアを同じ証拠金額で取引するなら、実損益は変動幅ではなく変動率に依存するというのが結論です。ただしこれはクロス円(円が絡んだ通貨ペア)にのみ適用される考え方です。

オセアニア通貨は優秀!

あらためて上の表を見ると、オセアニア通貨の豪ドル円とNZドル円の変動率の高さが確認できます。変動率だけ見ればNZドル円は豪ドル円より優れていますが、スプレッドは豪ドル円の方が狭いケースが多いです。

まとめ

  • ボラティリティが大きいほど約定回数が増える(連続発注の場合)。ボラは大きいほど良い
  • 変動幅ではなく変動率で通貨ペアを選ぶ(クロス円のみの考え方)
  • とはいえ、ボラティリティも一つの判断要素に過ぎない。レート、スワップ、スプレッドなども考慮して、総合的に通貨ペアを選択しましょう

外為オンライン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*