ほぼ全員FXで負ける原因は「経験の不足」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

FXで年利12%ってwwwwと笑う人に読んで欲しい記事』にも書きましたが、9割以上の参加者は負けているというデータがあるのがFXです。

それではなぜそこまでシビアに勝者と敗者が分かれてしまうのか(しかも適切とは思えない比率で)。ほとんどの人がFXで勝てない最大の原因は、「経験」だと私は思っています。この記事では経験について書いていきます。

蓄積された経験値が勝敗を分ける

サッカー部員と野球部員でサッカーの試合をやったら、確実にサッカー部が勝ちます。当然ですよね。これはFXも同じで、トレード歴半年未満のビギナー100人と、トレード歴10年以上の経験豊富なトレーダー100人を集め、1か月間の平均収支を比べれば、当然後者に軍配が上がります。つまり負け組90%の大半は経験の浅い初心者トレーダーで、勝ち組の10%は百戦錬磨の強者トレーダーということになります。

トレーダー自身の性格やトレードの環境、軍資金の多寡といった要素ももちろん重要ですが、一番差がつくのは経験による部分です。

今すぐ大金が儲かると思ってFXに参入する人はそのギャップにやられる

それではなぜ、トレーダーのほとんどが初心者なのか。それは勝てるようになる前にやめてしまうからです。そしてかわりにまた初心者が参入してきます。FX業界は、ずっと残っている1割の経験者と、常に入れ替わっている9割の初心者で構成されていることになります。

では、半年や1年で負けっぱなしのままやめてしまうトレーダーが相次ぐのはなぜか。これはイメージと現実のギャップによるものだと思います。知り合いにトレーダーがいれば別だが、ほとんどの場合は周りにFXをやっている人などいなく、ネット上の情報や書籍を経由してFXに興味を持つはずです。これらでよく見るうたい文句といえば、

  • 「あの4億円脱税主婦が教えるFXの奥義」
  • 「1日わずか10分で、毎日70~200万円の利益を安定して稼ぎ続ける」

など、とにかく過激なものが多いです。数億円とまではいかないものの、割と簡単に大金を稼げるイメージを持ってFXを始めた人は、どうしてもギャンブル的なトレードに行きがちで、当然その結果として早い段階で退場します。またそういったギャンブルトレードに流されない堅実な人でも、数年は稼げず負ける覚悟を持って始める人はかなり少ないはずです。多くの人が2~3年でやめてしまっている現実がここにあるわけです。

唯一の攻略法は「退場しない」こと

FX(特に裁量トレード)で勝ち組になるには、世間一般でイメージされているよりずっと難しく、なおかつ時間もかかります。

  • 損切りは必ずする
  • 利益はできるだけ伸ばす
  • 値ごろ感でのトレードはしない

このあたりは、どんな本にも書いてあることですが、頭では理解できても、経験の浅いうちはどうしてもやってしまうもの。

失敗してもやり直す資金があれば全然問題ないし、むしろ失敗することでしか成長できません。自分もいくつも失敗はしました。大敗を減らしながら、小さな勝ちを積み上げていくことによって、一歩ずつ勝ち組へとシフトしていく。

よく「FXの世界に聖杯(完全な必勝法のこと)などない」といわれますが、もしあるとすればそれは手法なんかではなく、経験を積み重ねるための唯一の武器である、「退場しないこと」です。

 

 

外為オンライン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*