ループイフダン新システムにようやく移行した理由

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

昨年末まで、旧システムのループイフダンの運用を行ってきたわけですが、2017年より新システムでの運用に移行いたします。

なぜこのタイミングでようやく移行したのかについて、この記事では解説します。

1.有利なスベリがなくなり、不利なスベリが多くなったこと

これが一番の理由です。謎の有利なスベリがなくなりました。『ループイフダン赤字決済はそんなに悪いことなのか考えてみる』で解説していますが、2016年の秋に新システムが稼働するまでは、投資家にとって有利なスリップが時折発生していました。私の運用は80pipsで利食いとなりますが、平均決済値幅がこれを上回っていたのです。

  • 2016年4月4日~9月25日の平均獲得値幅:82.71pips
  • 2016年9月26日~12月28日の平均決済値幅:78.73pips

※どちらも手動決済を除く

このように、新システムが稼働し始めた9月26日を境目に、大きく決済価格が変化しています。

もともとループイフダン旧システムの約定力は非常に貧弱だったのですが、この有利なスベリがそれをカバーしていました。ですが、新システムが走り出してからは基準の80pipsにすら届いていないわけですから、旧システムを使い続ける理由はもうないわけです。

もちろん、これがただの偶然という可能性もありますが、有利なスベリ自体の発生理由が分からないため、今あるデータで判断せざるを得ません。

2.レンジの上限に近く含み損がほぼないため

もともと68~88円を想定レンジとした運用でした。年末の時点で84円台だったので、おおむね上限に近く、含み損の決済をあまりしないで移行できるタイミングです。

3.皆さんと情報共有をするため

ループイフダンを新規に始めれば必ず新システムになるわけですから、自分だけ古いものを使っていても意味がないので。

というわけで、今後は新システムの運用レポートを毎週お届けしていきますので、よろしくお願いいたします。

ループイフダンの新システムについては、『ループイフダンのバージョンアップまとめ、メリットと変更点』で解説しています。

外為オンライン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*