トレード結果

ドル円売り、ユーロドル買いのループイフダン値幅検証(18/3)

ドル円の売り、ユーロドル買いのループイフダンデモ比較の5か月目です。スワップポイントが支払いになる運用はどのような結果になるのでしょうか。

先月までのまとめ

  • ドル円はS50が最も利益が多い。これは単純に確定利益が多いことが要員
  • ユーロドルはB60が最も利益が多い。こちらは値幅の広い順でした

続きを読む

ちょい上げでレジスタンスへ|ループイフダン&マネパnano週報:180416

ループイフダンマネーパートナーズ連続予約注文による運用比較週刊レポートの66週目です。

先週の豪ドル円は5本中の4本が陽線で、新規なしで利食いが2回という結果に。過去の高値である、84.5円付近で押し戻されるようなら、もう一段下げてくれそうかなという期待があります。

続きを読む

通貨ペア、値幅でループイフダン同士を比較!(18年3月)

先月のまとめ

先月は、豪ドル円、ドル円、ポンド円の買い運用をしている3つの通貨ペアは、底をつけてから弱く反転するような動きで、少しだけ年利が戻りました。ユーロドルも少し下げたため、含み損が減りました。ユーロ円は少し含み損が増える展開に。

買い運用の3通貨ペアは、どれも値幅が広い運用が狭い運用に対して1%ほど年利が高い状態が続いています。ユーロドル、ユーロ円は狭い運用が少しだけ上回っていますが、運用自体がもうちょっとプラス収支になる(=ループイフダン本来の実力を発揮する)展開にならないと、なんともいえない部分はありますね。

続きを読む

ごく小さな反発で取引は1回のみ|ループイフダン&マネパnano週報:180409

ループイフダンマネーパートナーズ連続予約注文による運用比較週刊レポートの65週目です。

先週の豪ドル円も、先々週に引き続き小さく上げた形になりましたが、この程度の小反発だと値幅が広い運用の場合、あまりトレードは発生しません。ちなみに先週は1回の利食いのみ。こういった退屈な展開を耐える精神力もまた重要でです。

続きを読む

豪ドル円は重要な支持線を突破|ループイフダン&マネパnano週報:180325

ループイフダンマネーパートナーズ連続予約注文による運用比較週刊レポートの63週目です。

週足チャートを見てお分かりのとおり、2017年春の最安値として抵抗になっていた81.5円付近を先週ブレイクしました。さらにヒゲをほとんど伸ばさず大陰線の形で引けましたので、まだ下落の勢いは残っていそう。いよいよ本格的に70円台突入か?という雰囲気になってきました。

続きを読む

大陰線×2でポジション仕込み|ループイフダン&マネパnano週報:180318

ループイフダンマネーパートナーズ連続予約注文による運用比較週刊レポートの62週目です。

先週は84円台半ばから、81円台への素敵な下落があったため、またループイフダンマネパともにポジションを二つ追加できました。見かけの年利は下がりましたが、今はポジションを8個持っているため、スワップ金利もちょっとずつ入ってきます。あとあとこういうのが効いてくるわけです。もっと下がってください。

 

続きを読む

ドル円売り、ユーロドル買いのループイフダン値幅検証(18/2)

ドル円の売り、ユーロドル買いのループイフダンデモ比較の4か月目です。スワップポイントが支払いになる運用はどのような結果になるのでしょうか。

先月までのまとめ

  • ドル円は、S25は明らかに一番勝てていませんが、S50とS100が同じくらいの利益率で推移
  • ユーロドルは、値幅が広いほど今のところ利益が出ている

続きを読む

通貨ペア、値幅でループイフダン同士を比較!(18年2月)

先月のまとめ

2月以降、円高傾向が進んだため、これまで堅実に利益を増やしてきた、豪ドル円、ドル円、ポンド円の買い戦略は軒並み利益を減らしました。

特に面白いのがドル円で、B100はまだプラスですが、B25はすでにマイナス収支になっています。もちろん、リピート系で大きく利益を出すためには、一時的にたくさんの含み損のポジションを保持しなければいけないため、この展開自体は問題ありません。ですが、値幅の差で同じ通貨ペア、同じレバレッジなのに、勝つ運用と負ける運用に分かれるのは象徴的です。

なお、ユーロ円やユーロドルはこれまでトレンドに逆らったポジションを持っていたため、ずっと赤字が膨らんでいましたが、今回の下落でけっこうなポジションが利食いされました。逆にこれらの運用がどうやってプラスに転じていくかが楽しみです。

続きを読む