ループイフダン・トラリピ・iサイクル注文を同条件で比較!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

現在メインで行っている、ループイフダンの運用とは別の比較検証も行っています。

  • ループイフダン:今現在実弾で行っているメイン運用
  • トラリピ(80):80pips幅で新規建て、利食いを行う、現行のループイフダンと基本設定は同じ。ただしトレール注文を有効にしています。デモトレード。
  • iサイクル注文:デモトレードだと10000通貨しかできないので、金額を2.5分の1にしていて仮想的に4000通貨運用にしています。ループイフダンとできるだけ同じ条件になるように、1840pips幅を想定レンジとしています。

じわじわ結果が出てきましたが、まずは様子見でしょうか

それでは1ヵ月間の運用を見てみましょう。

システム名 ループ・イフダン トラリピ(80) iサイクル注文(4000通貨)
固有の設定 B80_80 80pips間隔で、利食い80pipsの買いイフダンを設定
通貨ペア 豪ドル/円
売買 買い
値幅 80pips
売買単位 4000通貨
新規建ての回数 14 14 16
利益確定の回数 9 7 9
保有ポジション 5 7 7
確定利益 ¥29,808 ¥27,720 ¥28,840
確定スワップ ¥997 ¥914 ¥844
口座資産 ¥3,030,805 ¥3,028,634 ¥1,229,684
含み損 -¥53,140 -¥90,720 -¥76,924
暫定資産 ¥2,977,665 ¥2,937,914 ¥1,152,760
ここまでの年利 -9.71% -26.98% -51.32%
取引開始時のLCライン 51.75円 65.71円 ※1
現在のLCライン 51.45円 51.47円 66.27円 ※2
開始日 2016/04/04
経過日数 28 28 28
開始資金 ¥3,000,000 ¥3,000,000 ¥1,200,000
想定レンジ 68~88円 1840pips
トレール 不可 有り 不可

※1 デモトレードでは1000通貨ができず10000通貨で運用しているため、120万円の資金で運用している計算になり、他よりロスカットラインが高い

※2 iサイクル注文の仕様で想定レンジが動くため、ロスカットラインも変動

新規建て回数

iサイクル注文が他の2つより多くなりました。この時点ではまだはっきりしたことはわかりませんが、一番スプレッドが狭いiサイクル注文が新規建てが発生しやすい可能性が考えられます。長くこの検証を続ければ、もっと差が出てくるかもしれません。

利益確定の回数

これはトラリピだけ少ない結果に。スプレッドが広いから利食いしにくいことに加え、トレール注文が機能していることが原因と思われます。来月も引き続きチェックです。

確定スワップ

また、ループイフダンiサイクル注文は、ポジション決済時にはじめてスワップが加算されるルールなので、この表の数字以外に未確定スワップが控えていることになります。
対してトラリピは、発生したスワップはその都度加算されます。にもかかわらず、ループイフダンは圧倒的にトラリピよりもスワップが多く、スワップ金額の差が1ヵ月で現れた結果になりました。
逆にスワップが低いiサイクル注文は、発生スワップがすべて加算されているトラリピよりもスワップが低い結果に。

ループイフダンiサイクル注文は同じルールなので、単純にスワップ金額の差が結果に出ています。

年利

ここはループイフダンの圧勝ですね。保有ポジションが少ない=含み損が少ないという図式が成り立ちます。ただ想定年利は、短期間では当然マイナスになるものですから、長い期間で判断をします。

 

まだ1ヵ月の運用なので、見えていない部分もたくさんあります。今後の結果が楽しみです。

外為オンライン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*