【トラリピ・ループイフダン・サイクル】連続発注スワップ比較

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

ループイフダンのような連続発注に限らず、FXにおいてインカムゲイン(スワップポイント)がキャピタルゲイン(値動きによる利益)を上回ることはありません。ですが、2番目の収益源として、スワップポイントもそれなりに大事です。

この記事では、ループイフダントラリピサイクル注文の主要連続発注における、スワップポイントについて解説していきます。

ループイフダンの高スワップが目立つもスプレッドに注目

swap
上の表は、2016年8月15日現在の、3運用のスワップポイント一覧です。

まずはなんといってもループイフダンが高スワップなのは一目瞭然ですね。アイネット証券がスワップポイント業界最高水準を謳っているだけあります。

ただし、アイネット証券はマイナススワップ(売りスワップ)も大きいため、売り戦略を仕掛ける場合には不利であるとも言えます。例えば、豪ドル/円のショートを1万通貨保有した場合で計算してみましょう。

スプレッド+手数料は、

となります。つまり、

  • サイクル注文は、スプレッド+手数料でループイフダンと比べて100円不利ですが、6日以上保有した場合は逆転→100円÷20円(スワップ差)=5日
  • トラリピは、スプレッド+手数料でループイフダンと比べて800円不利ですが、21日以上保有した場合は逆転→800円÷39円(スワップ差)=20.5日

売り買い同額のトラリピ

また、スワップポイントのスプレッド(差)が一緒のトラリピは、両建てに適していると言えます。ただ、M2J【FX】スワップ金額スプレッドゼロにおける適用期限および条件変更のお知らせにもある通り、スワップのスプレッドがゼロになるのは10月からは両建ての場合だけになるようです。これは別業者の両建て対策でしょうか。今後は片建てのマイナススワップが大きくなるかもしれません。

なお、トラリピはポジション未決済でも、スワップポイントだけは毎日決済される仕様です。そのため大きな含み損を持っていても、加算されたスワップポイントが課税対象になるケースも考えられます。

どちらにせよ、豪ドルの金利がどんどん下がっているのにもかかわらず、会社の持ち出しでループイフダンのスワップは維持されています。あるタイミングの方針転換で、一気にスワップポイントが縮小されるケースも考えられます。

外為オンライン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*