マネーパートナーズの連続予約注文でトラリピ型自動売買

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

マネーパートナーズマネパ)の連続予約注文を上手に使いこなすと、超低コストでループイフダントラリピiサイクル注文といった、リピート系の自動売買を実現できます。この記事では、連続予約注文マネーパートナーズについて、深く踏み込んで解説していきます。

連続予約注文の仕組みをマスターする

機能を箇条書きにすると

まずは、マネパ独自の機能である「連続予約注文」について解説します。この機能をざっくり言い表すと、

  • あらかじめ、新規売買価格と決済価格指定する注文を、2件~20件まで一度にセットできる
  • 注文はイフダン(利食いのみ)、IFO(利食い+決済)のどちらか
  • ひとつめの注文が完了(新規→決済)したら、ふたつめの注文が有効になる
  • 必要な証拠金は1回分の注文のみ

こうなります。

手間はかかるものの、ループイフダンと同じことができる

たとえば、「80円で買い、81円で利益確定する」というイフダン注文を、最大20回まで予約できます。最初の「80円で買い、81円で利益確定」というワンセットが終われば、2回目の同じ注文がセットされます。この機能を利用して、「②81円で買い、82円で利益確定」「③82円で買い、83円で利益確定」というように、各注文をひとつずつ20連続予約していくことで、ループイフダントラリピのようなリピート系連続発注と同じことができます。

連続予約注文の設定方法は、『マネパ連続予約注文の設定方法を画像付きで解説!』で解説しています。

連続予約注文のメリット

圧倒的な低コスト

最大のメリットはスプレッドが爆発的に狭いことです。

Fxnano 主要通貨ペアのスプレッド
USD/JPY 0.3pips
EUR/JPY 0.7pips
AUD/JPY 0.9pips
GBP/JPY 1.2pips
EUR/USD 0.8pips

豪ドル/円でいえば、アイネット証券ループイフダンが4pips、外為オンラインiサイクル注文が3pips、マネースクウェア・ジャパントラリピが6pipsですから、圧倒的なコスト差といえます。

さらに、取引手数料が無料なので、スプレッド以外のコストはありません(iサイクル注文トラリピは、上記スプレッドにくわえて手数料が発生)。

100通貨取引ができる

主要なリピート系連続発注各商品の最小取引単位は1000通貨ですが、マネパでは10分の1の100通貨単位での取引が可能です(後述のnano口座の場合)。細かい単位での資金投入が可能なので、あまり資金がない人でも参入できますし、複利運用的な資金の追加もしやすいです。

nanoにはデモ取引はありませんが、ここまでの極小単位でトレードできるなら、デモで試せないデメリットは小さいといえるでしょう。

設定の自由度が高い

  • イフダン注文を仕掛ける間隔
  • 利益確定の幅
  • 想定レンジの幅

を、トラリピ同様自由に設定できます。

取扱い通貨ペア数が多い

米ドル/円・ユーロ/円・ポンド/円・豪ドル/円・NZドル/円・カナダドル/円・スイスフラン/円・南アランド/円・ユーロ/米ドル・ポンド/米ドル・豪ドル/米ドル・ユーロ/豪ドル・ユーロ/ポンド・豪ドル/NZドル・ポンド/豪ドル・NZドル/米ドルという、16種類の通貨ペアがトレードできます。

トラリピが11通貨ペア、ループイフダンが5通貨ペアなので、それよりは選択の幅が広いものの、24種類のiサイクル注文よりは少なめ。

連続予約注文のデメリット

新規注文は指値のみ、逆指値は不可

ほとんど唯一にして最大のデメリットです。新規取引は指値のみ設定できます。逆指値は出せません。

指値とは、「今より有利な価格で予約する注文」、逆指値は「今より不利な価格で予約する注文」のことです。買う場合なら、今より安く買うのが有利=指値、今より高く買うのが不利=逆指値という考え方になります。つまり、今が100円なら、99円で買う予約はできても、101円で買う予約は出せません。101円での買い注文を出すためには、そのときのレートが101円より高い必要があります。今、102円なら、101円での注文は今より有利な価格の指値として予約ができます。

既存のリピート系商品が持っている特許対策なのかもしれませんが、その価格を超えないと連続予約できないため、少なくとも1回は、ポジションを取れるタイミングで取れないことになります。

リピートは20回まで

ひとつの注文は最大で20連続までしかしません。しかし、私が今やっている豪ドル/円の80銭間隔の運用ですと、ひとつの注文が20回繰り返されるのには、1年半くらいかかる計算です。これくらい余裕があるなら、実際はデメリットにはなりません。そして20回まで到達したら、もう一度設定すれば良いだけです。

一度に複数の注文を出せない

トラリピのトラップトレード的に、複数の注文を一度にまとめて出せず、ひとつひとつを設定しなければいけません。とはいえ、まったくマネパに慣れていない私が、初めて設定したときでも10分ほどしかかかりませんでした。

事前にこの価格に注文を入れる、というリストを手元に用意しておけば、すぐにセッティングは完了します。

マネーパートナーズについて

連続予約注文を提供している、マネーパートナーズの特徴についても知っておきましょう。

スベらない

8年連続約定率No.1(矢野経済研究所調べ)を達成しており、約定力には定評があります。

ユーザーは満足している模様

2016年のオリコン顧客満足度1位になっていますね。

東京一部上場企業

親会社のマネーパートナーズグループ(8732)が、東京一部に上場しています。FX専業の業者としては初です。

パートナーズFXとパートナーズFXnanoの2口座

パートナーズFXnano パートナーズFX
最小取引単位 100通貨 1万通貨
1回の最大発注数量 10万通貨 200万通貨(EUR/JPY、AUD/JPYは300万通貨)
通貨ペア 16通貨ペア 18通貨ペア
1日あたりの取引数量上限(新規) 4000万通貨 なし
建玉上限 円換算で50億円 円換算で100億円
ロスカット 証拠金維持率100% 証拠金維持率40%
追加証拠金制度 なし あり(証拠金維持率100%)

最小取引が100通貨のnanoと、1万通貨のパートナーズFXがありますが、かなりの大口か、超高回転で取引枚数が多くならないかぎり、nanoで問題ないと思いますnanoの方が、スプレッドも狭く、スワップポイントも多いです。

 

2017年1月26日の20:35時点での、nano(左)とパートナーズFX(右)のスプレッドです。米ドル/円、ユーロ/円、ユーロ/米ドル、豪ドル/円では、すべてnanoのほうがスプレッドが狭いです。

様々なサービスを実施している

マネパカードや空港での外貨両替など、いろいろなサービスがあります。ひとつのFX会社の機能を徹底的に使いこなしたいなら、マネパは魅力的な会社といえるでしょう。

まとめ

他のリピート系自動売買と比べると、初期設定に手間はかかりますが、それを補って余りある低コストです。ちゃんと管理できれば、最も高い利益が期待できます。

2016年までと違い、ループイフダンの約定力は大幅に強化されたため、マネパ連続予約注文と比べると、違うのはコストだけです。となると、コストの部分で、運用を続けて売買回数が増えるほど差がつくと予想されます。

連続予約注文の設定方法は、『マネパ連続予約注文の設定方法を画像付きで解説!』で解説しています。

 

外為オンライン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*