ループイフダン|日足連続陽線からの雇用統計下落でレンジ継続

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

注目されていた10月7日の雇用統計ですが、予想を下回る結果で米ドル/円は下落。この日の前日まで、米ドル/円は8連騰だったのですが、大きな陰線で1週間が終わりました。

結局、抵抗になっていた104円前半のラインは突破できず、綺麗に往復するレンジ相場継続となったわけですが、豪ドル/円は米ドル/円との相関性が非常に高いため、こちらも似たようなチャートになっています。

161010-2

前回高値の79円を超えられず、もみ合いに戻った感じですね。

連続発注はレンジ相場向けとよくいわれます。実際そうなんですが、今みたいな小幅なレンジでなくてもかまいません。もっと10円単位の幅が広い巨大なレンジのほうが、ボラティリティも大きくなるわけで稼げます。

161003

2016/10/03〜2016/10/07のトレード結果

2016/10/03の開始資金¥3,170,723
2016/10/03〜2016/10/07の利食い1回
現在の保有ポジション数9
2016/10/03〜2016/10/07の確定利益¥3,104
2016/10/03〜2016/10/07の確定スワップ¥487
現在の口座資産¥3,174,314
現在の含み損益¥22,292
暫定資産¥3,060,434
ここまでの年利3.89%
取引開始時のLCライン51.75円
現在のLCライン50.07円

新規0、決済1という結果となった先週でした。目先では上昇したため、暫定の年利は4%近くまで上昇しています。

現在の経過日数が189日。4月から運用しているので、半分がおおむね経過したことになります。年利で12%を目指していますので、300万円の資金を336万円にしたいところですが、今のペースはちょっと遅めですね。

ただ、連続発注は常に含み損を抱えながら運用するものなので、長く運用が続くほど利益がたまっていき、抱え続ける含み損は利益に対して相対的に小さくなります。1年では12%に到達しなくても(してほしいですが)、2年目、3年目との通算で年利12%になれば十分成功といえると思います。

とにかく大切なのは淡々と続けることだと思っていますので、しつこく毎週結果を報告していきます。

この運用の基本情報

運用システムループ・イフダンB80_80
通貨ペア豪ドル/円
売買の方向買い
値幅80pips
取引単位4,000通貨
トレール不可
開始日2016/04/04
経過日数189日
開始資金¥3,000,000
想定レンジ68~88円

▼この運用にいたった理由

ループイフダンの豪ドル/円買い80_80を選んだ理由

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*