リピート系自動売買(連続発注)

【トラリピ・ループイフダン・サイクル】連続発注スワップ比較

ループイフダンのような連続発注に限らず、FXにおいてインカムゲイン(スワップポイント)がキャピタルゲイン(値動きによる利益)を上回ることはありません。ですが、2番目の収益源として、スワップポイントもそれなりに大事です。

この記事では、ループイフダントラリピサイクル注文の主要連続発注における、スワップポイントについて解説していきます。

続きを読む

思ったよりトラリピ(M2J)のスプレッドが狭くなってる

マネースクウェア・ジャパン(M2J)のトラリピといえば、いわずとしれた連続発注の始祖。発注画面も分かりやすく、情報も多いので非常に使いやすいのですが、コストが非常に高いため敬遠している方も多いかもしれません。自分含め。

たしかにトラリピのスプレッドが広いのは間違いないのですが、昔と比べてそこそこ狭くなっているのも事実です。

torarpisp

続きを読む

裁量トレードと真逆!リピート系自動売買の本質を完全理解する記事

リピート系自動売買は誤解されやすい注文方法だと思っています。

今のFX業界では、売買差益を得るための手法(安く買って高く売る、高く売って安く買い戻す)がメインですが、連続発注はまったく異なる概念を持つものです。よって、そういった裁量トレードの世界の常識を持ち込むと、本来利益を得られるはずの連続発注であっても、長く続けることが困難になります。あるいは、余計な偏見を持って連続発注を始めることになりかねません。

含み損や損切り、損小利大の考え方、トレンドに乗る、という裁量トレードでよく聞く鉄則3ヵ条を通じて、連続発注の本質をこの記事で完全に解説します。

続きを読む