思ったよりトラリピ(M2J)のスプレッドが狭くなってる

マネースクウェア・ジャパン(M2J)のトラリピといえば、いわずとしれた連続発注の始祖。発注画面も分かりやすく、情報も多いので非常に使いやすいのですが、コストが非常に高いため敬遠している方も多いかもしれません。自分含め。

たしかにトラリピのスプレッドが広いのは間違いないのですが、昔と比べてそこそこ狭くなっているのも事実です。

torarpisp

インターネット上の多くの記事には、「トラリピのドル円スプレッドは4銭」のような記述があり、自分もそういうイメージを持っていたのですが、2016年8月12日12時の時点では2銭になっていました。あれ?思ってたより狭いじゃないか…というわけです。




原則固定していないからいつの間にか狭まることも

これについて早速M2Jのサポートに問い合わせたところ、

「スプレッドは原則固定していないので、今そのときに表示されている数値が正しいスプレッドです。ドル円については、半年くらい前から2銭のスプレッドを提示することはよくありました」

とのことでした。

裁量トレードに強いFX会社の多くは、人気通貨ペアのスプレッドを原則固定することで、米ドル/円が0.3pips!のようなアピールをしています。それに対しM2Jはスプレッドの原則固定を行っていないので、いつの間にか変化していても我々がそれに気づかないケースがあるはず。

広くなったのなら困りますが、狭いのなら良いこと。トラリピはコストさえ他社同様なら、間違いなくもっとも使いやすいサービスです。たしかにこのスプレッドに手数料も乗ってきますから、いまだトラリピが高コストなのは事実。ただし変動の余地もあることが今回分かったので、たまにはチェックしていきたいと思います。

この記事のやり方を試してみる!

ループイフダン(アイネット証券)

シストレi-NET

連続予約注文(マネーパートナーズ)

外国為替証拠金取引のマネーパートナーズ

iサイクル注文(外為オンライン)

外国為替証拠金取引の外為オンライン口座開設申込

トラリピ(マネースクエア)

マネースクエア

新着記事

ゆるやかな上昇で利食い1回|豪ドル円 ループイフダン&マネパnano週報:1921

ループイフダンとマネーパートナーズの連続予約注文による運用比較週刊レポートの10 ...

マネパnano連続予約注文でグルグルトレインを運用した感想

FXトレーダー&ライター&編集者の鹿内武蔵です。こちらでレポートしている通り、マ ...

暴落後のジリ下げ|豪ドル円 ループイフダン&マネパnano週報:190114

ループイフダンとマネーパートナーズの連続予約注文による運用比較週刊レポートの10 ...

グルトレ運用レポート マネパnano連続予約注文 vol.1(2019/01/8~)

2019年1月からグルトレ(グルグルトレイン)を、マネーパートナーズの100通貨 ...

ドル円売り、ユーロドル買いのループイフダン値幅検証(18/12)

ドル円の売り、ユーロドル買いのループイフダンデモ比較の4か月目です。スワップポイ ...