ループイフダンやトラリピの値幅は低ボラの場合狭い方が良いのか

私のTwitterにこんな質問をいただきました。

続きを読む

通貨ペア、値幅でループイフダン同士を比較!(17年12月)

ループイフダンで選択できる5種類の通貨ペアについて、値幅が狭い設定と広い設定を同一のリスクで運用比較する連載企画の15か月目です。当サイトでは、同じリスク(=値幅あたりの取引枚数が同一)なら、値幅がある程度広い方が収益性が高いことを前提とした記事作りをしています。これまでの結果は、この仮定を裏付けるものとなっています。

【関連記事】『ループイフダン値幅比較検証のまとめ(2016年10月~2017年9月)

続きを読む

年利5%の理由|ループイフダン&マネパnano週報:171225

ループイフダンマネーパートナーズ連続予約注文による運用比較週刊レポートは50週目です。今年もあとわずかですが、低調な収支のまま年を越すことになりそうです。

先週時点での暫定年利(もうすぐ暫定でなくなります)は、ループイフダンで4.82%、マネーパートナーズで5.01%と、目標としている年利12%にまったく届かず。

ただしこれは歴史的な低ボラティリティが原因であることは明白です。ループイフダンのようなリピート系は、上下の動きで利益を得る運用ですから、その振れ幅が小さければ必然的に儲かりません。思っていたより利益が少ないからといって、無茶なことをしてはいけません。

【参考】ドル、豪ドル、ポンド、ユーロの長期ボラティリティと年足チャート

続きを読む