マネパ、パートナーズFXnanoのリラ追加とコアタイム制

2017年7月現在、トレード12ではリピート系自動売買の主力商品と位置付けている、マネーパートナーズのパートナーズFXnanoについて、いくつかのサービス内容変更がありました。

① 通貨ペアの追加
7月17日(月祝、予定)にお客様からご要望の強かったトルコリラ/円を追加いたします。
スプレッド:3.8銭(原則固定・例外あり)
コアタイム:10時~28時(翌日4時)

③ コアタイム制の導入
7月10日(月)よりコアタイム制を導入いたします。
インターバンク市場での流動性が乏しい早朝時間帯にて「当社配信レートを実勢レートに合わせる」ことで、パートナーズFXを含む「当社レート配信の総合的なクオリティを向上させる」のが目的です。
このため状況次第では「コアタイムの拡大を図る」等、「安定的かつよりクオリティの高いレート配信」を行うよう、今後も努めてまいります。

【コアタイム】
8時~28時(翌日4時)
【対象通貨ペア】
米ドル/円、ユーロ/円、豪ドル/円、ユーロ/米ドル、ポンド/円、ニュージーランドドル/円、南アランド/円

https://www.moneypartners.co.jp/mail/html/20170626_01.htmlより

注文数量上限の変更もありますが、これはあまり関係ないので割愛します。

まずトルコリラ円の追加。レンジ相場とはいいがたい値動きですが、強力なスワップポイントは魅力です。この通貨ペアを運用できそうな戦略が思いついたら実行してみたいですね。

コアタイム制については、具体的なことを書いていないのでどうなるかは不明ですが、この変更が実施される前の7月7日の雇用統計では、これまでと違ってスプレッドの拡大が見られました。この変更の影響かどうかはなんとも言えません。

ループイフダン・マネパ連続予約注文・iサイクル比較(17年6月)

私がメインで運用しているループイフダンマネーパートナーズ連続予約注文に、外為オンラインiサイクル注文を加えた、連続発注同士の運用比較です。2017年6月までの成績をまとめています。

システム名 ループイフダン 連続予約注文 iサイクル注文(2000通貨)
固有の設定 B80 80pips間隔で、利食い80pipsの買いイフダンを設定
通貨ペア 豪ドル円
売買 買い
値幅 80pips
売買単位 2000通貨
新規建ての回数 28 29 29
利益確定の回数 25 26 26
保有ポジション 3 3 3
確定利益 ¥39,716 ¥42,094 ¥40,180
確定スワップ ¥2,747 ¥3,177 ¥1,754
口座資産 ¥1,542,463 ¥1,545,271 ¥641,934
現在のスワップ含み損益 ¥2,278 ¥2,652 ¥1,410
現在の総含み損益 -¥2,580 -¥4,572 -¥3,330
暫定資産 ¥1,539,883 ¥1,543,351 ¥638,605
ここまでの年利 5.33% 5.80% 5.16% ※1
ここまでの総コスト ※2 ¥2,000 ¥468 ¥2,900
開始日 2017/01/03 2017/01/03 2017/01/03
経過日数 182 182 182
開始資金 ¥1,500,000 ¥1,500,000 ¥600,000
想定レンジ 68~88円 1840pips

続きを読む

2017年前半のリピート系運用まとめ|マネパnano、ループイフダン

7月に入りましたので、2017年前半のリピート系自動売買の運用がどうだったのかを振り返っていきましょう。

豪ドル円について

とにかく値動きが少ない半年間でした。豪ドル円の1日の平均的な値動き幅は、過去10年間で1.24円に対して、2017年の前半は0.75円。数字の上でボラティリティが低いことがはっきり分かります。

チャート画像で見ても、2017年前半は非常に狭い幅(81.48円~88.17円)で推移していることが一目瞭然。これではリピート系自動売買があまりリピートしません。

続きを読む

現時点でベストなリピート系自動売買FXは豪ドル円、マネパnano

トレード12では2016年春から、FX運用で安全に年利12%を目指すための運用方法を研究していますが、スタート当初と現在ではベストと思われる運用方法に変化が現れています。こちらでは、現時点でベストと思われる運用方法を学ぶための1~6の流れを、それぞれを詳細に理解できる記事付きで一覧にしています。なにから学んで良いか分からない方は、まずはこの1~6の順に関連する記事を読むだけで、リピート系自動売買を始めるための知識は一通り身につきます。

続きを読む

トラリピ、ループイフダン、iサイクル注文、トライオートなどの手数料比較

トラリピループイフダンiサイクル注文トライオートなどのリピート系自動売買は、どれもトラリピが打ち出した売買ロジックの解釈を変えただけのものですので、究極的にはどれを使っても同じです。が、一点だけ違うのは取引のコスト(手数料)です。この差が長い目で見ると大きな損益の違いになってきます。この記事では、2017年6月時点での情報に基づき、以下の各商品の取引コストを総合的に比較していきます。

続きを読む

FXの自動売買(シストレ)リピート系連続発注の比較、まとめ

この記事では、FXで運用できる自動売買(システムトレード)にどんな種類があるのか、どういった特徴があるのかを総当たり的に解説していきます。それぞれのメリットやデメリットも解説していきますので、これから自動売買を始めようという方にはぜひ参考にしていただきたいです。

続きを読む

書籍プレゼントキャンペーンは6月30日で終了です

秋川匡人のリピート系戦略が収録されているFX書籍「超入門 24時間まかせて稼ぐFX戦略投資」。水上紀行さん監修のもと、4人のトレーダーの戦略が解説されており、これからiサイクル注文ループイフダントラリピなどのリピート系自動売買を始めるのなら、きっと参考になるはずの本です。

現在、トレード12の読者さん限定で、以下のブログよりiサイクル注文が使える外為オンラインさんの口座を作ると、この書籍をもれなくプレゼントさせていただくキャンペーンを行っています。キャンペーンは6月30日で終了してしまいますので、iサイクル注文を使おうと考えている方、秋川匡人のトレード戦略を本で読みたい方は、ぜひ以下のリンクから口座開設をお願いいたします!

▼書籍を無料でゲットするのはこちらから

外為オンライン

スワップポイント※10,000通貨

豪ドル/円 米ドル/円 ユーロ/円 ユーロ/米ドル ポンド/円
PFXnano (06/22) 39 / -42 33 / -36 -10 / 5 -47 / 45 7 / -7
ループイフダン (06/22) 34 / -48 30 / -40 -23 / 16 -55 / 25 13 / -23
iサイクル注文 (06/22) 23 / -52 20 / -50 -25 / 0 -55 / 25 5 / -30
トラリピ (06/22) 21 / -41 17 / -37 -23 / 3 -68 / 45 2 / -22