気になるニュース

トラリピ(M2J)の同時最大発注本数が99本に

toraripi99

マネースクウェア・ジャパンの主力商品であるトラリピ(トラップリピートイフダン)の設定時に同時に発注できるトラップの本数が、これまでの25本から99本に大幅に上昇しました。

トラリピとは「トラップリピートイフダン®」の略称です。
これから相場が上下しそうな範囲を予想して、その範囲内に設定した価格で売り買いをくり返すリピートイフダンを罠(トラップ)のように何本も仕掛けておくことで、目先の値動きに一喜一憂しない資産運用の実現を後押しします。

そのトラリピを発注する際、一回あたりの発注本数が上限99本まで拡大されること、それが「トラリピ99」です。

トラリピ99

一度に仕掛けられる本数が増えたことで、直接的に利益をあげやすくなったわけではありませんが、まとめてドカンと広く仕掛ける際のストレスはだいぶ軽減されたのではないでしょうか。

本日よりループイフダンにデモ!期待膨らむも負荷は大丈夫?

39422d77e94f15743c611f674c064d6e

手数料は業界内最強ですが、様々な問題点も多かったループイフダン。そのひとつが「デモ口座がない」ということ。よく分からない状態で、いきなり実資金で運用しなければいけないので、FXを始めたばかりの人にはハードルが高かったのではないかと思われます。しかし、ループイフダンにもついにデモ口座が始まりました。

それに先駆けまして、多くのお客様からご要望をいただいておりました、ループイフダンのデモ口座を9月12日(月)より提供を開始する予定でございます。ループイフダンデモ口座では、本番環境と同じ操作感覚でお試しいただくことが可能です。ご期待ください。

【9/12予定】ループイフダンデモ口座提供開始について

続きを読む

M2Jの親会社TOB!資本注入によるサービス向上に期待!

マネースクウェア・ジャパン(M2J)の親会社になるマネースクウェアHDが、米国投資ファンドのカーライル・グループにより設立されたインフィニティによるTOB(株式の公開買い付け)に応じることを明らかにしました。

当社は、平成 28 年9月7日開催の取締役会において、下記のとおり、いわゆるマネジメント・バイアウト(MBO)(注)の一環として行われる株式会社インフィニティ(以下「公開買付者」といいます。)による当社の普通株式(以下「当社株式」といいます。)及び本新株予約権(下記「2.買付け等の価格」において定義します。以下「当社株式」及び「本新株予約権」を総称して「当社株券等」といいます。)に対する公開買付け(以下「本公開買付け」といいます。)に賛同の意見を表明し、かつ、当社の株主及び新株予約権者の皆様に対して本公開買付けへの応募を推奨することを決議いたしましたので、お知らせいたします。

MBOの実施及び応募の推奨に関するお知らせ

M2Jトラリピに、かつてほどの勢いがないことは明確です。ずっと続いてきた預かり資産高の増加も2015年10月で途絶えてしまいました。今回のTOBをきっかけに、再び業界内における強者のポジションに返り咲けるかに注目が集まります。

なお今回のTOBにより、人事や組織の変更は行われず、業務もそのまま行われるとのこと。あくまで長期的な経営体制の強化が目的の模様です。

トラリピのバーチャル(デモ口座)が終了してしまいました

トレード12事務局です。トラリピのデモが昨日で終了してしまいましたね。

このたび、株式会社マネースクウェア・ジャパンが提供するFX取引サービス『M2JFX』における、PC用お取引画面のリニューアルが決定いたしました。

それに伴いまして、Harmoney.jpにて提供しておりますサービス『M2JFX バーチャル』におきましては、下記のスケジュールでサービス提供を終了させていただきますことをお知らせいたします。

『M2JFX バーチャル』のサービス提供終了に関するお知らせ

続きを読む

外為オンラインがM2Jとの裁判に勝利!iサイクルも特許に

しれっとこんなニュースが出ていました。

この度、当社が出願しておりました、外国為替証拠金取引における注文方法である「iサイクル注文R」に関して、以下の通り特許権を取得致しましたのでお知らせ致します。
【特許概要】
発明の名称:金融情報処理装置、金融情報処理方法、およびプログラム
特許番号:特許第5918806号
出願日:平成26年5月28日
登録日:平成28年4月15日

[2016/05/11] iサイクル注文R特許取得のお知らせ(外為オンライン公式サイト)

続きを読む