トラリピとiサイクル注文が特許権を巡る裁判バトル第2ラウンドへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

マネースクウェア・ジャパン(M2J)のトラリピ外為オンラインiサイクル注文の訴訟バトルは、まだ決着には至っていないみたいです。

(1)本訴訟に至った経緯及び概要
今般、当社は外為オンラインが2014年10月にサービス提供を開始した「iサイクル注文」が、当社の保有する特
許権(特許第5941237号)を侵害していると考え、その差止めを求める訴えを提起いたしました。
外為オンラインに対しては、既に2015年2月19日付で、同社が提供する「サイクル注文」及び「iサイクル注文
について、当社の保有する特許権(特許第5525082号、特許第5650776号及び特許第5826909号)に基づきサービスの
差止めを求める訴えを提起しております。当該事件は、現在東京地方裁判所で審理が行われておりますが、この度、
「iサイクル注文」が、当社が保有する別の特許権をも侵害していると考え、更なる訴訟提起に至った次第であり
ます。

当社特許権に基づく差止請求訴訟の提起について より

こちらの書類をM2J的な立場で読むと

ということになります。

外為オンラインがM2Jとの裁判に勝利!iサイクルも特許に』で書きましたが、iサイクル注文は2016年4月に特許権を取得しています。これで争いに終止符が打たれるかとも思われましたが、そうはいきませんでした。iサイクル注文がOKなら、トラッキングトレードはもちろん、トライオートループ・イフダンなど、今ちまたにある連続発注はすべてオリジナルの商品ということになってしまうでしょうから、M2Jも簡単には引き下がらないですね。

泥沼のバトルの行方に注目です!

外為オンライン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*