トラリピ80銭vsトラリピ20銭の比較は今のところ互角

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

トラリピという同じ商品ですが、取引単位とイフダン注文を仕掛ける間隔が違う運用の比較です。『取引枚数は同じでポジション間隔が違うトラリピの収支比較』の記事の続きになります。

今のところ暫定資産はほぼ同じ。今後の展開次第か

システム名 トラリピ(80) トラリピ(20)
固有の設定 80pips間隔で、利食い80pipsの
買いイフダンを設定
20pips間隔で、利食い20pipsの
買いイフダンを設定
通貨ペア 豪ドル/円
売買 買い
取引単位 4000通貨 1000通貨
値幅 80pips 20pips
新規建ての回数 23 128
利益確定の回数 12 87
保有ポジション 11 41
確定売買損益 ¥46,800 ¥33,560
平均売買損益 ¥3,900 ¥386
確定スワップ ¥4,377 ¥3,788
口座資産 ¥3,051,177 ¥3,037,348
含み損 -¥174,680 -¥158,170
暫定資産 ¥2,876,497 ¥2,879,178
ここまでの年利 -23.85% -23.33%
取引開始時のLCライン 51.75円 50.81円
現在のLCライン 51.25円 50.44円
開始日 2016/04/04
経過日数 63 63
開始資金 ¥3,000,000 ¥3,000,000
想定レンジ 68~88円
トレール 有り
  • トラリピ(80):80pips幅で新規建て、利食いを行う、現行のループイフダンと基本設定は同じ。ただしトレール注文を有効にしています。デモトレード。
  • トラリピ(20):20pips幅で新規建て、利食いを行う。トレール注文は有効。デモトレード

あらためておさらいですが、(80)と(20)では、値幅あたりに持つポジションの量は同じです。が、(80)は4000通貨を一気に買うのに対し、(20)ではポジションを4分割した1000通貨を、4回に分けて買います。

リスクは同様ですが、一気に買うのと細かく買うのでは、どちらが効率良く儲けられるかという実験なわけです。

2ヵ月が経過したこの時点では、暫定資産はほとんど同じで、優劣はつけられません。

(80)のほうが大きく値動きしたときに利益が大きくなり、(20)は細かく値動きしたときにたくさん利食いをするのですが、今後の相場の展開次第ということになります。

なお、支払う手数料は(20)のほうが大きくなることも重要です。

もうちょっと様子を見てみましょう。

外為オンライン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*