値幅が違う2種類のトラリピ比較

取引枚数は同じでポジション間隔が違うトラリピの収支比較

値幅を広めにとって1つあたりの枚数が多いものと、値幅を狭くとって1つあたりの枚数が少ない連続発注の比較も行っています。

  • トラリピ(80):80pips幅で新規建て、利食いを行う、現行のループイフダンと基本設定は同じ。ただしトレール注文を有効にしています。デモトレード。
  • トラリピ(20):20pips幅で新規建て、利食いを行う。トレール注文は有効。デモトレード。

続きを読む