ループイフダンとマネパの連続予約注文の週刊レポート

停止間に合わず不良ポジ|ループイフダン&マネパnano週報:171023

ループイフダンマネーパートナーズ連続予約注文による運用比較週刊レポートは41週目です。

先週の豪ドル円はまたしてもレンジ上限を上に抜けてしまいました。このとき運用の停止が間に合わず、ループイフダン88.8で買いポジションが入ってしまいました。ループイフダンはこれが面倒ですよね。私も兼業トレーダーですので、どうしても相場を監視できない時間帯が生まれてしまいます。この買いポジションは、どこか適当なところで処理するしかありません。

続きを読む

取引なしで我慢の展開|ループイフダン&マネパnano週報:171016

ループイフダンマネーパートナーズ連続予約注文による運用比較週刊レポートは40週目です。先々週に運用再開したものの、先週は取引なし。こういうときに慌ててはいけません。

値幅が広い運用だと、小さな動きは注文が成立しないため、トレンドとトレンドの間のタイミングでどうしても取引がない週がやってきます。ここで耐えきれず、値幅が短い設定に手を出しても、とりあえずFXやっている感は味わえますが、収益性は下がることになります。

続きを読む

レンジ上限到達で手動決済|ループイフダン&マネパnano週報:170918

ループイフダンマネーパートナーズ連続予約注文による運用比較週刊レポートは36週目ですが、またもレンジ上限到達でループイフダン停止&手動決済となってしまいました。

豪ドル円は想定レンジ上限の88円を突破

ミサイル発射、核実験、国連制裁決議など北朝鮮関連のニュースがバンバン出て、一瞬円高に向かいそうな動きになりましたが、結局はクロス円通貨ペアはどれも上へ。ポンド円などは一週間で8円以上も上昇しました。

豪ドル円も想定レンジの88円を上抜けしてしまったため、ループイフダンを停止して手動決済しました。今回はループイフダンがちょっと得をした結果に。

ループイフダンは仕様上、値動きをずっと追いかけ続けるので、想定レンジからはみ出した場合には、投資家自身がマニュアル管理する必要が生じます。これは範囲を指定して注文を入れる連続予約注文トラリピとの違いの一つ。

続きを読む