ループイフダン考察

ループイフダン赤字決済はそんなに悪いことなのか考えてみる

こちらの記事は、旧システムのループイフダンの約定力についての考察です。2016年9月のバージョンアップにより、約定力は大幅に強化されました。このバージョンアップについては、『ループイフダンのバージョンアップまとめ、メリットと変更点』で解説しています(2016年9月追記)。

この記事では、ループイフダンの決済価格について考えていきたいと思います。

運用している方はご存知の通り、B80_80が+80pipsで利食いされることはほとんどありません。高かったり、安かったり、それ以外の価格で決済されることばかりとなります。

これを踏まえたうえで、「マイナス決済」が頻発してループイフダン業界が騒然となった、7月29日の出来事を通じて、決済価格についての私の考え方を書いていきます。

続きを読む

豪ドル円ループイフダンは80銭が最良!値幅は広い方が◎

ループイフダンを含むFXのリピート系自動売買は、自分で売買をするわけではないので、事前の設定が極めて重要です。設定のポイントはいくつかありますが、その中でも業界内で位置付けが曖昧なのが、値幅の設定だと思います。

今回はある方にデータをご提供していただき、自分のなかでずっと確かめたかった、値幅が広いvs値幅が狭いはどちらが得なのかという比較に、あるひとつの答えが出ました。値幅が広い方が得です。

【有利な設定値幅を探す検証の関連記事】
ループイフダンランキングで値幅比較してみた結果
iサイクル研究室でもやはり広い値幅狙いが有利という結論に
ループイフダン同士の値幅比較

続きを読む

英国EU離脱で再確認したループイフダンの貧弱な約定力

「約定力の弱さ」は、ループイフダンの最大のデメリットといってよいでしょう。『ポジらずにスルー!ループイフダンの約定力の弱さが露呈…』では、2016年4月30日の急落時の約定について解説しましたが、6月24日の英国EU離脱絡みの急変動でも、やはり同じ事件が起きました。

★現在のループイフダンは、2016年9月のアップデートにより、約定力が大幅に強化されています。詳細は『ループイフダンのバージョンアップまとめ、メリットと変更点』で解説しています。

続きを読む

ポジらずにスルー!ループイフダンの約定力の弱さが露呈…

★現在のループイフダンは、2016年9月のアップデートにより、約定力が大幅に強化されています。詳細は『ループイフダンのバージョンアップまとめ、メリットと変更点』で解説しています。

大きな下落となったのでみなさんもご存知のとおり、4月28日(木)の正午、日銀が金融政策の現状維持を発表した途端、激しくリスクオフの動きとなりました。市場では一気に円が買われ、豪ドル/円も82円台半ばまで急落しました。

で、私の豪ドル/円のループイフダンの次にポジションを取るはずのレートは、83.2円付近だったのですが、この急落ではヒットせず。買いポジションを持ったのは、13時42分でした。

yakujo

続きを読む

ループイフダンの月曜窓開き時約定ルールが判明!

2016年4月18日(月)、豪ドル/円は、1円幅以上の大きな窓を開けてのスタートとなりましたが、運用中のループ・イフダンB80_80で不可解な出来事がありました。理解できなかったので、アイネット証券のサポートに直接問い合わせたところ、ループ・イフダンならではの仕様が判明しました。

(2016.10.7 新ルールに関して追記)

続きを読む