ループイフダンとiサイクル注文の運用比較。どちらがお得?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

値幅に対するトレード枚数(=リスク)を同じにした、ループイフダントラリピiサイクル注文を比較し、その結果を検証する月イチ更新のシリーズでしたが、『トラリピのバーチャル(デモ口座)が終了してしまいました』にもあるように、トラリピのデモが7月21日に突如終了してしまいましたので、今月はループイフダンiサイクル注文の比較のみをお届けします。

なお、来月からは新たに運用を開始した、豪ドル/円トラリピ(80銭)のリアル取引結果を、現行のループイフダンと比較してまいります。今度はデモではなく本運用ですので、完全な本番環境での両者の優劣がハッキリすることに期待します。

システム名 ループ・イフダン iサイクル注文(4000通貨)
固有の設定 B80_80 80pips間隔で、利食い80pipsの買いイフダンを設定
通貨ペア 豪ドル/円
売買 買い
値幅 80pips
売買単位 4000通貨
新規建ての回数 50 60
利益確定の回数 41 49
保有ポジション 9 11
確定利益 ¥139,588 ¥152,920
確定スワップ ¥4,916 ¥4,306
口座資産 ¥3,144,504 ¥1,357,226
含み損 -¥152,520 -¥186,438
暫定資産 ¥2,991,984 ¥1,170,788
ここまでの年利 -0.82% -7.47%
取引開始時のLCライン 51.75円 65.71円 ※1
現在のLCライン 50.36円 64.87円 ※2
開始日 2016/04/04
経過日数 119
開始資金 ¥3,000,000 ¥1,200,000
想定レンジ 68~88円 1840pips
トレール 不可
  • ループイフダン:2016年8月現在、実弾で行っているメイン運用
  • iサイクル注文(デモ):デモトレードだと10000通貨しかできないので、金額を2.5分の1にしていて仮想的に4000通貨運用にしています。ループイフダンとできるだけ同じ条件になるように、1840pips幅を想定レンジとしています。

※1 デモトレードでは1000通貨ができず10000通貨で運用しているため、120万円の資金で運用している計算になり、他よりロスカットラインが高い
※2 iサイクル注文の仕様で想定レンジが動くため、ロスカットラインも変動

ここ数か月の検証ではっきりした結果は出つつありましたが、最新の結果でもiサイクル注文の好成績が目立ちました。新規建てと利益確定の回数、確定利益ともにループイフダンをリードしています。

ただしこれは、スリッページや約定がほぼ理想の形で行われるバーチャル口座である点も加味された数字といえます。

が、どちらにせよループイフダンの約定力は最弱クラスなのは、ここ数か月の運用ではっきり分かっています。ループイフダンのメリットである約定価格の高さ(ループイフダン:平均3404円、iサイクル注文:手数料込3120円)、高スワップ、手数料の安さでどこまでカバーできるか。

なんにせよ、来月から再開する、ループイフダントラリピ・iサイクルの3運用比較記事をお楽しみに。

外為オンライン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*