ループイフダン|投資家に甘々なスベリの謎もいずれ解かねば

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

5月2週目のループイフダン週次報告です。

先週の豪ドル/円は78.7円でスタートして11日には80.6円をつけましたが、そこから次第に上げ幅を縮小しながら78.9円で金曜日を終えました。下げ渋りはあったものの、やっぱり上値は重いですね。

今週の豪ドル/円は基本は売り目線でいいと思います。が、5月17日(火)10:30の豪準備銀行の金融政策会合議事要旨公表、5月19日(木)10:30の豪州の雇用統計発表はチェックしておきましょう。

なぜこんなに有利な方向にすべるのか

運用のは、新規1回、利食い2回でした。もうちょっとドバドバ動いてくれたらいいのですが、連続発注は想定レンジ内ならどっしり放置が基本です。いつもこれ言っていますし、今後も言い続けると思います。

2016/05/09〜2016/05/13のトレード結果

2016/05/09の開始資金¥3,030,805
2016/05/09〜2016/05/13の新規建て1回
2016/05/09〜2016/05/13の利食い2回
現在の保有ポジション数8
2016/05/09〜2016/05/13の確定利益¥6,672
2016/05/09〜2016/05/13の確定スワップ¥139
現在の口座資産¥3,037,616
現在の含み損益¥-102,840
暫定資産¥2,934,776
ここまでの年利-18.89%
取引開始時のLCライン51.75円
現在のLCライン51.38円
160509

さて、ここでは利益確定額について考えていきましょう。この運用は、4000通貨の80銭幅で利食いなので、1回の利益確定は3200円になるはず。でも、先週の利食い2回で6672円、1回あたりが3336円と、想定されるより利益額が多いんですね。この金額にはスワップは含まれていませんので、純粋にプレイヤーにとって都合の良い方向にスリップしているのと意味は同じです。

FXの雑誌や有名なブロガーさんですでに書かれていますが、ループイフダンはこのように有利な方向にスベるのが、実はもはや公然の事実となっているのですね。もちろん歓迎すべきことなんですが、あまりに有利すぎるので、いったいどういう仕組み、考え方でこういう動き方になっているかを、ある程度データを揃えたうえで推測したいと思っています。すべての約定のデータを取っているので、何十個か貯まったら発表します。

この運用の基本情報

運用システムループ・イフダンB80_80
通貨ペア豪ドル/円
売買の方向買い
値幅80pips
取引単位4,000通貨
トレール不可
開始日2016/04/04
経過日数42日
開始資金¥3,000,000
想定レンジ68~88円

▼この運用にいたった理由

ループイフダンの豪ドル/円買い80_80を選んだ理由

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*