外為オンラインがM2Jとの裁判に勝利!iサイクルも特許に

しれっとこんなニュースが出ていました。

この度、当社が出願しておりました、外国為替証拠金取引における注文方法である「iサイクル注文R」に関して、以下の通り特許権を取得致しましたのでお知らせ致します。
【特許概要】
発明の名称:金融情報処理装置、金融情報処理方法、およびプログラム
特許番号:特許第5918806号
出願日:平成26年5月28日
登録日:平成28年4月15日

[2016/05/11] iサイクル注文R特許取得のお知らせ(外為オンライン公式サイト)

続きを読む

取引枚数は同じでポジション間隔が違うトラリピの収支比較

値幅を広めにとって1つあたりの枚数が多いものと、値幅を狭くとって1つあたりの枚数が少ない連続発注の比較も行っています。

  • トラリピ(80):80pips幅で新規建て、利食いを行う、現行のループイフダンと基本設定は同じ。ただしトレール注文を有効にしています。デモトレード。
  • トラリピ(20):20pips幅で新規建て、利食いを行う。トレール注文は有効。デモトレード。

続きを読む

ループイフダン・トラリピ・iサイクル注文を同条件で比較!

現在メインで行っている、ループイフダンの運用とは別の比較検証も行っています。

  • ループイフダン:今現在実弾で行っているメイン運用
  • トラリピ(80):80pips幅で新規建て、利食いを行う、現行のループイフダンと基本設定は同じ。ただしトレール注文を有効にしています。デモトレード。
  • iサイクル注文:デモトレードだと10000通貨しかできないので、金額を2.5分の1にしていて仮想的に4000通貨運用にしています。ループイフダンとできるだけ同じ条件になるように、1840pips幅を想定レンジとしています。

続きを読む