ループイフダン&マネパnano週報:170327

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

ループイフダンマネーパートナーズ連続予約注文による運用比較週刊レポート11週目です。

先週は円高が進んだため、ポジションを仕込む動きになりました。

アイネット証券ループイフダン取引履歴と運用結果

マネーパートナーズ、パートナーズFXnano連続予約注文取引履歴と運用結果

ループイフダン連続予約注文の年利比較

先週の相場では、豪ドル円が87円台から84円台まで下落したため、ループイフダンマネパともに、新規3で決済が0という結果になりました。利食いなしでポジションが増え、また保有ポジションの損益が悪化したため、暫定年利は5%台から1%台へと落ち込みました。

一見して運用成績が悪化したようにも見えますが、こういったポジションを仕込む時期がないと、連続発注では大きく利益を伸ばすことができません。むしろ、今年に入ってからずっとレンジ上限付近をうろうろしていて、トレード回数が少なかった状態が、多少なりとも改善されたと私は思っています。

昨年から何度も繰り返しているように、想定レンジ内にある限り、できるだけポジションを持ったほうが、最終的に利益は増えます。今やっている運用は、想定レンジの下限が68円ですので、このあたりまでは下がってもらって構わないのです。

【関連記事】
ループイフダンと連続予約注文(マネパ)完全比較 ⇒ ループイフダン連続予約注文の性能を比較しています
マネーパートナーズの連続予約注文でトラリピ型自動売買 ⇒ 連続予約注文の特徴やスペックを解説しています
マネパ連続予約注文の設定方法を画像付きで解説! ⇒ 連続予約注文の始め方です
ループイフダンの豪ドル円買いB80を選んだ理由 ⇒ 豪ドル円の買いで68~88円のリンクを狙う理由です

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*