ループイフダン|春のポジ利食いで大量スワップ(FX自動売買)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

先週は金曜夜に米ドル/円が高値を更新して引けたため、豪ドル/円も大きく上げてちょっと戻して終わりました。ループイフダン的にいえば上限付近で、もっと上にはポジションはないため、このように上げて戻さずに終わると、含み益状態で週を越すことになります。

161205

2016/12/05〜2016/12/09のトレード結果

2016/12/05の開始資金¥3,257,014
2016/12/05〜2016/12/09の新規建て1回
2016/12/05〜2016/12/09の利食い2回
現在の保有ポジション数1
2016/12/05〜2016/12/09の確定利益¥6,600
2016/12/05〜2016/12/09の確定スワップ¥4,043
現在の口座資産¥3,267,654
現在の含み損益¥4,809
暫定資産¥3,272,466
ここまでの年利13.15%
取引開始時のLCライン51.75円
現在のLCライン49.17円

先週のは決済が2回でしたが、4043円の確定スワップが入りました。これは、この運用を始めてすぐに取ったポジションが、ようやく決済されたことを意味しています。このループイフダンを始めた2016年4月初旬の豪ドル/円は85円台で、そこからずっと70円台で推移し、トランプラリーによる急激な上昇で85円台中盤にまで戻ってきて、そこでめでたく決済、たくさんたまったスワップも確定したというわけです。

戻ってくればトレンドはなかったことに

このようにどれだけ含み損を抱えようが、最終的に戻ってくるまで持っていれば、「そもそもトレンドなんてなかった」状態になります。為替相場のレートは相対的で、一方向だけに動き続けることは多くありません。押したら戻り、戻ったら押す展開になりやすいため、長期的に見るとレンジ相場である状態はトレンド相場の状態よりも長くなります。こういったレンジが常態である性質だからこそ、FXでループイフダンのような連続発注が威力を発揮するわけです。

数か月程度の短期的なトレンドをループイフダンiサイクル注文などで狙おう、などといっている人がけっこういますが、根本的に私とは考え方が違うみたいですね。数か月で終わってしまうトレンドを狙うとなると、手動でトレードを終了させなければいけませんが、そこには非常に難しい裁量の要素が入り込んできます。なにより、ずっと放置できる連続発注の良さが活きません。そもそもトレンドの始点と終点を予測できるなら、裁量トレードで売り買いすればいいだけの話。

広めの値幅の仕掛けた方が儲かる

ただし、証券会社は投資家に売買回数をたくさんこなしてもらったほうが儲かるため、ときにそういった手法や考え方を推奨しがちです。豪ドル/円のループイフダンなら、20銭値幅の運用をプッシュしてくるわけですが、『豪ドル円のループイフダンは値幅80銭が一番勝てた』『トランプ相場ループイフダン比較!最大利益はやはりポンド円』の記事で明らかになっているように、同じリスク(同じトレード枚数)なら、広めの値幅を一気に狙った方が収益性は高くなります。

この運用の基本情報

運用システムループ・イフダンB80_80
通貨ペア豪ドル/円
売買の方向買い
値幅80pips
取引単位4,000通貨
トレール不可
開始日2016/04/04
経過日数252日
開始資金¥3,000,000
想定レンジ68~88円

▼この運用にいたった理由

ループイフダンの豪ドル/円買い80_80を選んだ理由

外為オンライン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*