ループイフダン

ループイフダン新通貨ペア、NZドル円、カナダドル円、豪ドル米ドルと新値幅

2018年2月より、アイネット証券ループイフダンに、新通貨ペアとしてNZドル円、カナダドル円、豪ドル米ドルが追加されました。さらに、既存の5種類の通貨ペアであるドル円、ユーロ円、ポンド円、豪ドル円、NZドル円に、狭い値幅と広い値幅が追加されました。これにより、運用できる通貨ペア&値幅の組み合わせが劇的に増えたわけですが、こちらの記事では「結局どの運用が一番利益になるの?」という、シンプルかつ最重要な部分について考えていきます。

続きを読む

アイネット証券のループイフダンに損切りしない機能が追加!これは良い変更

2018年の2月24日(土)より、アイネット証券ループイフダンに損切りをしない機能が追加されました。

かねてよりご要望をいただいておりました、ループイフダンの「損切りあり」「損切りなし」が選択できるようになります。
ループイフダンの損切り(あり/なし)が選択できるようになります。(アイネット証券公式サイト)

「損切りあり」の場合

ルール変更前と同様、最大ポジション数を超えた場合、一番含み損になっているポジションを決済して、新たなポジションが追加されます。最大ポジションを保ちながら、古いポジションを整理しつつ相場を追いかけるような動きになります。

「損切りなし」の場合

最大ポジション数に到達した場合、それ以降は新規ポジションを持ちません。これにより、相場の反転を待つという戦略が可能になります。

損切りなしを選択できるメリット

どこまででもトレンドを追いかけなくなるため、ポジションを保有しながら反転を待つことができるようになります。

ただし、トラリピのように注文の範囲を決められるわけではないので、最大ポジション数の設定と損切をなしにすることで、特定の幅のみ取引をする、というところまでは設定できません。

損切りの有無を設定する方法

ループイフダンを設定するときに、損切りの有無を選べます。

ただし、これは新規にループイフダンを開始する場合のみで、すでに稼働中のループイフダンにこの設定はできません。

【関連記事】
ループイフダンと連続予約注文(マネパ)完全比較 ⇒ ループイフダン連続予約注文の性能を比較しています
マネーパートナーズの連続予約注文でトラリピ型自動売買 ⇒ 連続予約注文の特徴やスペックを解説しています
マネパ連続予約注文の設定方法を画像付きで解説! ⇒ 連続予約注文の始め方です
ループイフダンの豪ドル円買いB80を選んだ理由 ⇒ 豪ドル円の買いで68~88円のレンジを狙う理由です

ループイフダンやトラリピの値幅は低ボラの場合狭い方が良いのか

私のTwitterにこんな質問をいただきました。

続きを読む

2017年前半のリピート系運用まとめ|マネパnano、ループイフダン

7月に入りましたので、2017年前半のリピート系自動売買の運用がどうだったのかを振り返っていきましょう。

豪ドル円について

とにかく値動きが少ない半年間でした。豪ドル円の1日の平均的な値動き幅は、過去10年間で1.24円に対して、2017年の前半は0.75円。数字の上でボラティリティが低いことがはっきり分かります。

チャート画像で見ても、2017年前半は非常に狭い幅(81.48円~88.17円)で推移していることが一目瞭然。これではリピート系自動売買があまりリピートしません。

続きを読む