ループイフダン・マネパ連続予約注文・iサイクル比較(17年2月)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

私がメインで運用しているループイフダンマネーパートナーズ連続予約注文に、外為オンラインiサイクル注文を加えた、連続発注同士の運用比較です。

システム名 ループイフダン 連続予約注文 iサイクル注文(2000通貨)
固有の設定 B80 80pips間隔で、利食い80pipsの買いイフダンを設定
通貨ペア 豪ドル/円
売買 買い
値幅 80pips
売買単位 2000通貨
新規建ての回数 14 14 14
利益確定の回数 11 11 11
保有ポジション 3 3 3
確定利益 ¥17,316 ¥17,600 ¥16,780
確定スワップ ¥449 ¥448 ¥364
口座資産 ¥1,517,765 ¥1,518,048 ¥617,144
現在のスワップ含み損益 ¥186 ¥255 ¥160
現在の総含み損益 -¥3,556 -¥3,468 -¥3,440
暫定資産 ¥1,514,209 ¥1,514,835 ¥613,704
ここまでの年利 5.49% 5.73% 5.29% ※1
ここまでの総コスト ※2 ¥880 ¥198 ¥1,400
開始日 2017/01/03 2017/01/03 2017/01/03
経過日数 63 63 63
開始資金 ¥1,500,000 ¥1,500,000 ¥600,000
想定レンジ 68~88円 1840pips

※1 資金150万円の場合での年利計算
※2 コストは、スプレッドをループイフダンが4pips、連続予約注文が0.9pips、サイクル注文が3pipsで計算。これに手数料として、iサイクル注文が片道1000通貨当たり20円が加算されています
外為オンラインのサポートいわく、iサイクル注文のデモは、リアルトレードとの違いなしとのこと。1万通貨のL25のデモと、実際の取引は同じ価格で売買するとみなし、それよりも単位が小さくさらに売買しやすいはずの1000通貨運用も、デモ同様に売買が成立すると考えます

約定は互角なのでコスト勝負に

2016年にもこういった異なる商品の比較を行っていましたが、当時は約定力に劣る旧ルールのループイフダンと、売買回数に影響が出るほど極端にスプレッドが広く、約定も良いとは言えないトラリピを、約定が強力な部類に入るiサイクル注文と比較していたため、売買回数に大きな差が出ていました。

しかし現在はループイフダンが新システムになりiサイクル注文同様の約定力となり、また約定に定評があるマネーパートナーズ連続予約注文トラリピのかわりに加わったため、3つの商品の約定力にほとんど差がなくなりました。その結果、まだ2か月間の運用ですが新規建て、利益確定ともに売買回数はまったくの互角です。

そうなると、コストの差が運用損益に対して一番大きな影響を与えることになるはずです。

ここまでの支払総コストを見ると、

とすでに大きな差が出始めています。この差がどれくらい年利の差になるかが楽しみです。

外為オンライン

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*